おもちゃのぐるりんって?

「おもちゃのぐるりん」は、武蔵野市に住む0歳~未就学児とその保護者が利用できるおもちゃに特徴を持たせた自由来所型の施設です。

一人ひとりの子どもや親子がじっくり遊べる場、またおもちゃをとおして工夫や発見をし、想像力を養い、周りの人と一緒に楽しみ、心を通わせ、人と人とがつながっていく場を提供していきます。

友だちと一緒に使えるたくさんの積木や木製レール、音や感触、色や形、動きの楽しいものなど、赤ちゃんから大人まで一緒に楽しめるおもちゃを用意して、みなさんをお待ちしています。

また、発達が気になるお子さんについては、隣にある相談部ハビットとも連携をとり、協力して支援を行っていきます。お気軽にご相談ください。

ぐるりんの名前の由来
おもちゃのぐるりんぐるりんは、たくさんの緑に囲まれ、近くに武蔵野中央公園・こうちゃん公園があり、以前から周辺地域は“グリーンパーク”と言われています。
その“グリーン”から「ぐるりん」と名付けられました。

事業内容
下記の事業を中心に「公益財団法人武蔵野市子ども協会」のスタッフが運営しています。

遊び場

遊び場室内やお庭で自由に遊ぶほか、親子で作る手作りおもちゃの会を実施しています。

イベント地域交流

イベント地域交流相談部ハビットの職員を招いてミニ座談会、おもちゃドクターによるおもちゃ病院、出張ぐるりん(市内のコミュニティセンター、保育園・児童館などの子育てひろばでのぐるりんの紹介)などの事業を定期的に実施しています。詳しくは、行事案内のページをご覧ください。

おもちゃの貸出し

おもちゃの貸し出し毎週水・土曜日におもちゃの貸出しを行っています。詳しくはおもちゃの貸出しのページをご覧ください。

相談

相談子育てについての相談はスタッフがいつでもお受けします。必要に応じて、隣にある相談部ハビットとも連携を取り、相談行っていきます。 ハビットへ

情報提供

情報提供地域の子育てやおもちゃに関する資料を用意しています。
また、掲示板での情報提供を行っています。
どんなおもちゃがあるの?

  • じっくり遊びこめるおもちゃ
  • 人と人とのコミュニケーションを豊かにするおもちゃ
  • 療育に配慮したおもちゃ約300点あるおもちゃの中から、常時60点ほどを定期的に入れ替えて遊べるように用意しています。

みどりのこども館

館内には、武蔵野市に在住する子どもとその保護者を対象とした3つの施設があります。
おもちゃのぐるりん

武蔵野市在住の0歳児~未就学児とその保護者が自由に遊べる施設です。赤ちゃんから大人まで一緒に楽しめるさまざまな種類のおもちゃを用意しています。

武蔵野市児童発達支援センターみどりのこども館 相談部ハビット
武蔵野市在住の発達の気になる子ども(18歳まで)とその保護者を対象にした相談事業を行っています。専門のスタッフがお子さん、ご家庭に合わせたご提案や支援を行います。利用料はかかりません。

ハビットホームページ

武蔵野市児童発達支援センターみどりのこども館 通園部ウィズ
武蔵野市在住の心身の発達が気になる3歳児~5歳児までの子どもの育ちを支援する通園事業(児童発達支援事業)を行っています。

ウィズホームページ

ページトップへ